banner

医療について

医療に関する重要な話は家族とともに

banner 医療機関に付き添ってくれた友人や家族に、一緒に診療室に一緒に入ってもらうのも、心細ければ遠慮くなくお願することも大事です。
本人は医師の言葉ひとつに敏感になっていますので、時にショックを受けて質問しようとしていたことを忘れてしまうこともあります。
そんな時、誰か冷静に対処できる人と説明を一緒に聞く、あるいは質問してもらうということは非常に良いことです。
また、重要な話は家族と一緒に聞きます。
話を別々に聞くと家族内でも理解の差が出たり、医療者側がつい話しにくいことだけを家族だけに話し、本人には話さないということもありえます。
このような環境を一回つくってしまうと、その後の治療やコミュニケーションにずっと影響を与えることになるので、今後闘病をずっと支えてくれる人がいたら重要な話は一緒に聞くことが大事です。
また、診察室を出たら質問がいっぱい浮かんでくるのに医師の前では浮かばなかったというケースがあります。
この診療室の外で浮かんできた質問はそのままにしないことが肝要です。
疑問はその場ですぐにメモしておき、付き添いの人にも意見を求めてみます。
もちろん、可能であれば看護師や薬剤師に質問してみることも大事です。

他のクリニックじゃ解決できなかった良質カウンセリングを大阪で受け、悩みを解消しましょう。

偏頭痛の原因、もしかしたら身体の歪みや筋肉の緊張が原因かもしれません

守山区で訪問介護をお探しなら

完全個室の静岡市 歯医者

岡崎市で休日診療の歯医者

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.